OPTIMUS 99 - メンテナンス

久しぶりにメンテしました

以前は何十日も旅をすることがあったのでガソリンストーブが必要だったのです
当時の旅人のストーブは「ホエーブス725(小ブス)・スベア123R・オプティマス8R」が御三家だったように思います。ホエーブス625(大ブス)はハードな登山系の人たちがよく使っていたように思います。

OPTIMUS 99は8Rの蓋がコッヘルになるタイプです

◇メンテ前
DSC05351s - コピー.JPG

メンテは全バラして真鍮タンクは「サンポール」で磨き
アルミボディはクレンザーで軽く磨きます
メンテのこつは「やりすぎないこと」どうせすぐに煤で汚れます

◇メンテ終了
DSC05358s - コピー.JPG
DSC05359s - コピー.JPG
DSC05360s - コピー.JPG
DSC05362s - コピー.JPG

◇サイズ
 13cm×13cm×8.5cm位
 隣は文庫本
DSC05364s - コピー.JPG

DSC05363s - コピー.JPG
これでよくインスタントラーメンを食べてました
蓋にピタリと納まるのです

◇PRIMUS 99
 この個体は「PRIMUS」のシールが貼られて売られていたもの
 使用しているうちに剥がれてきたので全部剥がしたら
 OPTIMUS 99 の文字があらわれたのです
IMG_0105s - コピー.JPG

もう何年も野営旅は数泊程度なのでガスを使っていますが
それでもこのガソリンストーブの燃焼音はとても良いものだと

OPTIMUS 99 、個人的には箱型ストーブの傑作だと思っています

この記事へのコメント