テーマ:旅の記憶

YH文化華やかなりし頃ー 「利尻おしどまりYH」- 青空の記憶㉗

70~80年代前半、YH(ユースホステル)が元気だったように思います 全国各地に名物YHがあり、熱心なファンが訪れたりしていたようです 北海道だと「桃岩荘YH(礼文島)」「おしどまりYH(利尻島)」 「えりも岬YH(襟裳町)」「岩尾別YH(斜里町)」「島牧YH(島牧村)」「室蘭YH(室蘭市)」がいろいろな意味で有名だったようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶㉖「伊豆大島のリス使い」- リス村にて

残念ながら閉園してしまいましたが我が家にはとても楽しい施設でした リスとウサギに癒されるのです ◇慣れてくると人懐っこくなるリスも  この子はずっとくっついていました ↓ よじ登っても来ます ↓ 飛んでも来ます ↓ 飛んで帰りもします ↓ ポシェットにもなります …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶㉕「西伊豆の夕日」- 土肥にて

以前、西伊豆に大〇館さんというホテルがありました(今は無くなっています) 部屋から夕日が沈むのが見られるのです ◇ロビーから  良い位置に太陽があります ◇部屋に入って夕日を眺めます  この時16:13位(11月14日) ※16:30過ぎ位に落ちます 真夏だと夕日の綺麗な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶㉔「飛行機にバイクを積んで北海道」- ANAスカイツーリング

個人的には最終手段です (結構な費用がかかるんでね) でも、どうしても北に行きたいと思って過去に2回利用しました 移動時間が大幅に短縮!もちろん快適です(当たり前か!) ※詳細はANAのHPを確認ください ◇コンテナに入った状態  こんな状態で飛行機に積まれます  サスが縮んでいるのがわかります ◇作業  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶㉓「ウソタンナイ砂金採掘公園」- 北海道浜頓別町

個人的に体験物で今まで一番楽しかったのがこれです! 真面目にやると本当に砂金が獲れるのです!! インストラクターさんが丁寧に教えてくれます ◇パンフレット 料金:川堀(天然)終日500円 水槽(人口的に作ってる)30分550円 ※料金は確認くださいね ◇スタイル  特長靴・カッチャ(鍬みたいの)ゆり板、が3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶㉒「地底の碧・ドラゴンブルー」- 岩手県岩泉町

ようやく梅雨明けが見えてきました!! 個人的に一番好きな鍾乳洞です 魅力は地底湖の透明感です ◇第三地底湖  じっと見ていると吸い込まれそうになります ◇ここが入り口  横をどうと水が流れます ◇内部は13.7°(10月10日) ◇百間廊下  ブルーのライトが効果的 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶㉑「野反湖キャンプ」- 群馬県中之条町

1998年(2か月続いた)以来の長梅雨でしょうか? キャンプ場の予約も1週間延期です 野反湖キャンプ場です 標高1500m程度にあるので夏でも涼しく過ごせます ◇テントは初代・ムーンライト1 ↑ この湧水まだ残っているかな? ここは駐車場から荷物を持参して湖畔を半周程度歩くため 煩いキャンパーが少ないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑳「雷滝は裏見の滝」- 長野県高山村

裏見(滝の裏側に入れる)の滝としてはここが一番好きです 豊富な水量(どどどどっと文字通りに聞こえます)、アプローチしやすいことです ◇ほぼ全景  川からアプローチしないと全景は無理かな  落差30m程だそうです ◇駐車場から歩いてすぐに行けるのが良いですね  降りて行くとすぐに見えてきます ↑ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑲「上水道のない町」- 北海道東川町

ここは全国でも数少ない上水道のない町(東川町HPより) 大雪山旭岳の恵みを受けている町なのですね ◇旭岳  ここに積もる雪の恵みなのです ◇大雪旭岳原水公園 公園の駐車場にも水がひかれていて汲めるようになってますが 好きな人は源水地まで少し歩くそうです ◇源水地までの遊歩道  確か10~20分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑱「青空を映す鏡」- 大雪山旭岳

毎日が梅雨みたいで憂鬱に・・・ 北海道大雪山旭岳です この日はことのほか天気に恵まれました ◇姿見の池 ロープーウェイで「姿見駅」まで上がり散策開始になります 姿見駅をパノラマで見るとこんな感じ ◇旭岳  美しい山です  無積雪期ならばここから3時間程度で登頂出来ます  難しくない山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑰「福井って良いな~②」- 永平寺さん 10年前の旅

2010年5月3日はここにいました 永平寺さんです、とても感動したので後年冬旅もしたのです・・・ ◇水墨画に見えました  だからモノクロで撮影したのです ◇案内版見ながらでないと解らなくなるくらい広い ◇ふたたびモノクロ ◇桜も綺麗だったのですがモノクロでは意味なし・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑯「福井って良いな~①」- 福井恐竜博物館さん

自粛も1か月延長の様子・・・ エアトラベルばかりですね 恐竜全般の聖地といったらここではないでしょうか? ◇ハイモダンな外観  のどかな風景の中に忽然!と現れるのです ◇もちろんモダンな内部  詳細はHPでお願いします ◇恐竜界のスーパースター ◇大きさに驚くことしばし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑮「清々しいキャンプ場」- 内山牧場キャンプ場さん

自粛解禁に向けて・・・ このキャンプ場は長野県と群馬県の県境に位置します 最初は群馬県だと勘違いしていた場所です。 特徴は牧場跡地の広いエリアで乗り入れが自由なこと 星が綺麗なことでライダーには人気あります ※状況は変わりますので行く前には要確認 ◇広くて気持ち良いサイト  テントは初期型のムーンライト1  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑭「富山って良いな~②」- ひすい海岸

いろいろと興味深い富山旅 ◇まずは蜃気楼 じっくりと海を眺めて蜃気楼が現れるのを待ちます! もちろんそんな旨い話はなく(年に数回位らしい) 博物館の画像を眺めて諦め ※魚津埋没林博物館での掲示を撮影 ◇雨晴海岸  以前見た富山湾と残雪のアルプスの美しさには心打たれました  タイミング逸して無念 本当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑬「富山って良いな~①」- となみチューリップフェア

GWも自粛ですね、そしてこのフェアも中止です、残念。 富山県が好きです、実は日本を代表するツーリング名県ではと! さて、となみチューリップフェア、700種類300万本位あるそうです ◇あれもチューリップ ◇これもチューリップ ◇あっちもチューリップ ◇こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑫「関ケ原ウォーランド」- 岐阜県関ケ原町

ここは私設テーマパーク型資料館だそうです とにかく微笑ましい場所です ※2012年当時の画像なので今とは違っていますので留意ください ◇入口 ◇東軍陣地 ◇合戦模様 ※ほぼ実物大です ※この方がいらっしゃらなかったら彦にゃんはいなかったかも ◇西軍陣地 今では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑪「渡良瀬の菜の花」- 群馬県館林市

自粛辛いですね?? ここは渡良瀬川沿いの道(東北道佐野インター手前) 年によって菜の花があったりなかったり・・・ ※2009年4月11日の画像 ◇この年はタイミングが合いました! ※背後の赤い橋が東北道 データ 日時 2009年4月11日 機材 Canon PowerSho…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑩「宇都宮桜巡り」- 栃木県宇都宮市

この時もほぼ満開に遭遇してラッキーだった年 ◇二荒山神社からスタート ◇メインの八幡山公園は大大大混雑!!!  隙間なく宴会人 公園のシンボルタワー ※東京タワー寄せか? ◇蒲生神社は静かな穴場 ◇締めは居酒屋「茶々丸」にてここはとても好きなお店 デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑨「桜と雪の回廊」- 湯殿山~角館

残念ながらGWの桜ツーリングは中止ですね 山形県~秋田県はちょうどGW前後に桜の最盛期になるのです ◇湯殿山  この時期雪が凄くて開通情報と睨めっこ  この年(2005年)は特に多く湯殿山道路の開通は  4月28日ころだったと思います  大鳥居が雪に映えて美しい ◇角館へ 桧木内川の桜 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑧「桜の記憶」- 戸田公園

外出もままならないまま春が終わっちゃいましたね ツーリングも花見もしない初めての春です 戸田公園の堤防には当時(2013年)は144本の桜が植えられていて なかなか見事な景色でした、人が少ないのがなおさら・・・ ◇ほぼ全体を10枚で データ 2013年3月27日 機材 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまで成長するのかな?-小杉の大杉(ト〇ロの木)

山形県鮭川村の「小杉の大杉(樹齢約1,000年位)」その形状から ト〇ロの木とも呼ばれています。鮎川村のHPにもそのように記載されてます。 ◇見事に似ていますね 人と比べると 樹高は20m以上あるそうです ◇根元 私が見に行ったのが2008年8月です 山形県のポータルサイトを見ると今はこの画像がUPされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高原へーしらびそ高原・下栗の里

「日本のチロル」と呼ばれているそうです ◇朝もや(AM6:28) ◇靄が晴れると標高1,833mの景色が でもかなり寒いですよ ◇日本のチロルをここで感じました ※もちろんチロルは行ったことはありませんが・・・ ◇メインは下栗の里 雑誌で知ってからずっと来たかった場所 朝はかなりの率で靄がかかるそうです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑦「気持ち良い絶景!」- 鷹狩山

翌日も信州とは思えない程の猛暑→避暑系の場所へ ◇安曇野へ(中島みゆきさんの影響が安曇野という言葉に反応します) ◇まずは穂高神社へ ◇凄い蝉時雨でした→彼らはこれから蝉時雨参加 ◇避暑には最高の「大王わさび農場」 水を見ながら歩くのが良いですね ◇散歩のお伴、わさびソフト→わさびコロッケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑥「初期中山道」- 奈良井宿へ

友人が「初期中山道」の存在を教えてくれました 高速を塩尻で降りてR153号へ ◇善知鳥(うとう)峠→読めないですよね? ここは分水嶺なのです、「分水嶺」という言葉に惹かれます ◇熱さのせいか水は枯れてました ◇ただただ気持ちよく快走 ◇初期中山道 今回は小野から桜沢までの約10kmを走ります 桜沢の入り口にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶⑤ー「肉旅!」飛騨古川

明日こそ梅雨明けと言い聞かせ 飛騨は水と肉の町、たまにはガッツリと肉旅 ◇飛騨の青空 ◇分水嶺(岐阜ひるがの高原) ここは太平洋・日本海へと水が別れる場所 分岐した水は海までの長い旅に出るのです ◇神原峠(ふるさと林道・神原数河線)正式には「結実の展望台」 バイクはイタリアの名門アプリリアのアトランティック …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶④ー「木曽馬のいびき」開田高原

馬が「いびき」をかくことをこの時初めて知りました それも凄い音量なのです ◇木曽馬の里にて(詳細は検索してみてください) ◇木曽馬は心優しいのです この子はとっても良い顔してました ◇馬はここを撫でると喜びます ◇気持ちの良いコースをトコトコ ◇戻ってみると2頭が昼寝中 左の馬君が凄いいびき!!音の凄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶③ー北海道・美瑛

関東の梅雨明けはどうやら7月25日前後のようですね 残念ながら今年は北行きを断念、来年にかけます! ◇美瑛・かんのファーム この年は天候も良くて花々がとても綺麗に咲き誇っていました ◇美瑛(上富良野)からの十勝岳連峰 畑の緑と山の青、空の青、雲の白 ◇この頃流行った「あ〇しの木」はまだあるのかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶②ー信州・車山高原

梅雨明けまであと1週間位、もう少しのガマンと自分に言い聞かせ ◇車山高原へは諏訪湖経由で上がりました ◇「ホープロッヂ乗馬牧場」でのツーリング スキー場までトコトコ上がり休憩、青空と風が心地よい 馬をつないで木陰で休憩、気分はウエスタン ここはコースが豊富なのでとても楽しめます ◇高原頂上まではリフトで ◇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空の記憶ーひるがの高原の白い雲

爽やかな青空が待ち遠しいですね? この白い雲が「〇〇のプーさん」の横顔に見えませんか? ◇遠景 ◇アップ① ◇アップ②見れば見るほど〇ーさんの横顔に見えてしまいます データ 2011年7月16日 岐阜県ひるがの高原にて 梅雨明け待ち遠しいですね そろそろアザミの季節です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼しい画像 「ユンボで雪降ろし」ー乳頭温泉

5月なのに真夏日です、だから涼しい画像をどうぞ! 秋田の乳頭温泉は豪雪地帯です ここの宿では雪降ろしもユンボで行っていました 宿でくつろいでいると何やら「キュルキュル」という音 何かと思えばユンボです そして豪快に雪降ろしを始めたので さすがにこのオペレーターさん上手です ※旅データは2008.2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more